vラインiラインoラインはどこまでが脱毛範囲?

どこまでの処理してもらえる?
デリケートゾーンをサロンで脱毛する場合、どこまでの範囲を処理してもらえるのか気になるのではないでしょうか。vラインは特に人気の形などがあったりするので、それに合わせて処理してもらいたいところですし、毛が濃い人などは下腹部までつながるように生えている人も少なくありません。しかし、明らかにvラインよりも上部となると腹部として別料金で処理するというサロンがほとんどです。また、人気脱毛サロン、ミュゼプラチナムなどでは、脱毛範囲を確認できる実物大のVラインプレートを渡してくれます。プレートによれば、縦10センチ、上部幅10センチ、下部幅5センチというのが脱毛範囲になっており、これよりも横にはみ出た部分が基本的なvライン処理範囲ということになるわけです。その上で、施術の前日または当日に、逆三角形やタマゴ型など、好みの形に自分で自己処理していけば、それに沿ってきれいに仕上げてくれます。

iラインとoラインは?
oラインのムダ毛はサロンでもすべて処理してしまうのが基本です。その一方、iラインはある程度残した方が見栄えが良さそうでもあるし、すべて処理してしまえばさっぱりして快適そうだしと少し迷うところなのではないでしょうか。iラインの最近の傾向としては、すべて処理してしまう場合も増えてきていますが、vラインとつながるように上部は少しだけ残しておくという場合もよくあります。

やりすぎたら後悔することも?
いずれにしても、サロン脱毛でも照射を繰り返すことで効果があがり、その後はほとんど生えてこないという人もたくさんいます。もっと残しておけばよかったなどと後悔しても、二度と生えてこないことが多いのです。後から後悔することのないように、脱毛範囲は施術をスタートさせる前に十分すぎるくらい考えておきたいものです。カウンセリングでエステティシャンに相談すると、自然な形、人気のある形などを教えてもらえます。